2015年10月27日

住宅ローン減税を受けていますか?


【過払い金のCM風に、住宅ローン減税を宣伝してみた】

CMでよく聞く「過払い金請求」。消費者金融などから

一定の時期、一定の要件で借り入れたお金の利息を

法律の改正により返還してもらえるかもしれない、と

いう法律事務所などによるCMです。

身に覚えがない私たちにとっては、「ふーん」という

イメージしか沸かないのですが。

意味合いは違いますが、私たちが払っている住宅ロー

ンが毎年、残額の1%が戻ってくる(期間あり、条件

あり、税額控除)としたら、知らないでいた方はびっ

くりされるかもしれませんね。

ローン残高や住居の大きさ、用途などの条件がありま

すが、一般的な住宅ローン返済者に当てはまる程度で

す。

これは税額控除というもので、所得税から控除される

ものと違いローン残額の1%がダイレクトで戻ってく

るという非常にインパクトの強い減税です。

(これは源泉徴収ではなく、確定申告を行う必要があり

ます。)

こういった、確定申告や申請をしないと発生しない減税

や補助金制度は他にもいろいろありますが、国や役所は

積極的に宣伝はしてくれません。

ですから「過払い金」のCMのようにこの制度を「宣伝」す

るとこんな感じでしょうか。

「あなたの住宅ローン、しっかり減税を受けていますか?

一定の要件を満たせば、ローン残額の1%が毎年戻って

きます(キッパリ、※期間あり)。

残額が2000万円だったら20万円!

期間があるので、お早めにこちらで詳細をチェック!」

こちら↓↓

住宅ローン減税制度は、住宅ローンを借入れて住宅を取得
する場合に、取得者の金利負担の軽減を図るための制度で
す。毎年末の住宅ローン残高又は住宅の取得対価のうちい
ずれか少ない方の金額の1%が10年間に渡り所得税の額から
控除されます(住宅の取得対価の計算においてはすまい給
付金の額は控除されます)。また、所得税からは控除しき
れない場合には、住民税からも一部控除されます。
この住宅ローン減税制度は、平成26年4月からの消費税率の
引上げにあわせて、のとおり大幅に拡充されています。
なお、申請は、住宅ローンを借入れる者が個人単位で申請し
ます。世帯単位ではないことに注意してください。

$文中のをタップまたはクリックして下さい$
posted by べーそ at 20:32| Comment(0) | TrackBack(0) | マネープラン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428596588

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。