2015年10月27日

良い第一印象は、周りの人が守り続ける

【初対面は苦手ではないですか? T 】


第一印象とは、なぜ重要なのでしょうか?


みなさんは、「私は愛想は良くないけど、

いざ仲良くなれば私のいいところも解って

もらえる」と言って人との初対面を疎かに

していませんか?

実は私もそうなんですが・・・


そもそも、人は事前に、会う相手の情報を「

温かい人」と「冷たい人」と聞かされている

と、「温かい」人には好意的に、「冷たい」

人には最初から距離を置いて接する習性が

明らかになっています。

まあこれは分かりますよね。

人の噂は怖い、という典型です。


話は変わって、

あなたは、Aさんという人と初対面で会いまし

た。

あなたはAさんの気さくさに好印象を持ちまし

た!

当然あなたもAさんへ気さくに接します。


すると相手のAさんはあなたを「気さくな人だ

」、「では自分も気さくにしよう」となります。


それに対して結果あなたはどうなるか。


それは、「やはりAさんは気さくな人だった。

私の予想は当たっていた」となります。


これを心理学では予測の自己実現https://twit

ter.com/socialpsychotan/status/5690474550245

53985)と言います。


要するに、人は相手の最初の印象を予測し、それが

実現(当たっているよう)するよう動くのです。


あなたとAさんの話で言えば、Aさんは元々気さくな

人です。そこにあなたという人と初対面で接してい

る中でも、あなたがAさんを「予測の自己実現」によ

って、どんどん気さくにして行っていたのがお分かり

でしょうか?


Aさんはこれほど楽なことはありません。


さらに冒頭の例を加えれば、普段から誰にも気さくな

Aさんは、そういう評判もあり、その噂を聞いている相

手は初対面時から好意的にAさんをとらえていますから、

Aさんの印象は倍々ゲームのように上がっていくのです。


ここまでをまとめてみますと、

私の良さは解ってくれる人だけでいいのよ、と初対面で

なかなかガードを作ってしまうのは分かりますが、普段

から、温かさや気さくさを意識していると、相手が一生

懸命その印象を守ってくれる
、ということではないでし

ょうか。

逆もまた然りですが(汗



ここまで読んでいただきありがとうございます。

このように、簡単な心理学を知ることにより、楽に、と

までは言いませんが、無理に相手と合わせようとか、この

人は苦手だから、と敬遠していた人や場にも積極的に向か

う事ができるきっかけをもらうことが出来ますね。



 管理人  べーそ中村
(♂40歳、ファイナンシャルプランナー)
posted by べーそ at 19:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 誰にも教えたくない心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428592012

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。