2014年06月29日

困っている外国人旅行者に、携帯(スマホ)を貸してと言われました

最近、ネット上にアップされるトピックスに、

中国人ネットユーザーによる日本の民度を

礼賛するものが散見されるようになってきた。


先のワールドカップの日本人サポーターの試合後の

清掃や、日本に旅行に行って来た友人や長らく

留学していた人が中国に帰ってくると、民度の

違いを痛感するというものだ。

中国人が去った後はゴミの山だろう、とか

日本に旅行に行って、帰ってきた友人と食事に行ったら

料理が出てくる度に「ありがとう」と言って

「これが民度の差か」、などと自虐的な反応が取り上げ

られている。


どこまで本気にして良いのか分からないし、一種の

情報操作かと、うがってみてしまうが。


日本の旅行先でも、信じられないくらい日本人は

親切なんだとか。


そんななか、とうとう私べーそにもその民度なる

ものを試される?時が先日きてしまったのだ・・・。


出勤時、私が駅前で時間調整でたたずんでいると、

公衆電話から出てきた女の子が近づいてきた。

そして中国語で話しかけてきたのだ。

ラフな感じで一人だったが、感じとして在留では

ない。なんらかの理由で日本にやってきたばかり、

という風情だ。


そして彼女は、自身のスマホのすっからかんの充電

表示を指差し、公衆電話を指差し、私を指差して(この

場合指差す行為はどうでも良い)電話をかけるしぐさを

している。

どうやら、充電がなくなって、公衆電話も用を足さずあなたの

携帯を借りて日本にいる(わからないが)知り合いと連絡が

取りたい、とのことのようだ。


さあ大問題!

非通知にすれば貸してあげてもよいが、やり方が直ぐには

わからない。自分の個人情報媒体を貸してどこかにかけられた

ら大丈夫なのか?中国にでもかけられたら電話代は?

当然彼女とは言葉が通じないので、その辺の懸案も解消しない。


えー?という表情を見せれば彼女は直ぐにあきらめるだろう。

でも異国の地に来たばかりで困っている外国人に、表情で否と応え

るのはかわいそうでもある。

そんなことを一瞬のうちにいろいろ考えて、(あくまで柔らかな

表情で)べーそが出した応えは?


貸してあげましたよ、スマホ。

まあ5、6件かけてましたよ・・・(汗)。


さらにそれが誰も繋がらないってんだから。

一人でもね、繋がればおそらく日本語しゃべれる相手

だろうし、他の着信の方々に事情を説明して、とでも

言えたんだが。

彼女は残念ながらも「謝、謝」とお礼を言って行きました。


残された私は、知らない090のいくつかの発信履歴を

見て、ため息をついたのは言うまでもないが。


まあその後ね、一件だけねSMSで「誰だっけ?」ってメールが

来まして、私は「〇〇駅で〇時ころ、中国の女性の方に電話を

貸して欲しい、とお願いされたので貸しました。その時かけた

みたいですよ」と返信しました。

それに対しての返信や、他の方からの反応はないのでまあ

無事?大丈夫だったみたいです。いろんな意味で。

※以上のことは決して皆さんに押し付けるものではありませんし、

これが日本の常識だということではございません。



posted by べーそ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

未婚の同居娘を婚活・結婚へ向かわせた父親の一言

「早く結婚しろ!」では効かない

【未婚の同居娘を婚活・結婚へ向かわせた父親の一言】

30前で未婚の、親と同居している娘。

実家の居心地がよく、仕事もしていて

いつまで経っても結婚の気配はない。

そんな娘が突如1年後に結婚をした。

これには父親のある一言が非常に影響している。


30歳を控えた娘に、ある日父親がこう言った。


「30歳になるまでしか面倒はみない」
(以降は同居は認めない、という事)

娘もいまさら一人暮らしができるわけがない。

仕事をしていて収入はあるが、実家にいるうちに

結婚・巣立ち、がいいというのは誰もがわかっている。


この父親の言葉は、言葉を換えた「(だから)早く

結婚しなさい」だったのだ。


効果はてき面だった。

その娘はかねてから気にはなっていた職場の同僚

に意識的にアプローチをし出し、付き合うことに。

これも立派な婚活だ。

その1年後には晴れて結婚式を挙げた。


娘もこの時の父親の言葉の効果を認めている。


この父親と同じことが言えないにしても

「年金生活を控え、いつまで以上は面倒みれない」

だとか

「いつまで以降は結婚費用は自分で工面してくれ」

など同居・非同居に関わらず使える言葉もある。


早く結婚してくれ、や孫の顔が見たい、など

およそ親が亡くならないと分からないような

言葉はもう効き目はないようだ。


非情かもしれないが、お金に関わる話をちらつかせる

のが皮肉にも一番適当といえるだろう。








posted by べーそ at 11:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月28日

幼稚園の担任から、娘のお弁当に苦情が来ました

幼稚園の担任から、娘のお弁当に苦情が来ました。

[ネットで大反響の質問を引用]

理由は、うちの娘のお弁当がいつも気合いが入りすぎている、他の子供がうらやましがり、不公平になるから、 普通のお弁当にしてとのことでした。

最初は娘が先生に「他のお友達がうらやましがるから、こういうお弁当は持ってこないようにママに伝えてね」と言われたそうです。

私は園児なんだから、ある程度かわいいお弁当を持たせたく、無視してかわいいお弁当を作り続けていたところ、呼び出され、私も直接注意を受けました。


私は料理は苦手です。お弁当作りも本当は嫌いです。でも、私の母は、私が幼稚園の頃、全部茶色のおかずだけだったり、前の晩の煮物とふりかけごはんしか入ってなかったり…。お友達にいつもばかにされていて、恥ずかしい思いをしていたので、娘にはそんな思いをさせたくなくて、苦手な早起きをして、気合いを入れたお弁当を持たせていました。


手抜き弁当で文句を言われるならまだしも、何で頑張って作ってるのに文句を言われるのか?

他のママに合わせろと言うのか?
だったら、他のママがもっと頑張ればいいのに…給食にしてくれればいいのに…と、イライラしています。

がんばりすぎる、私が悪いのでしょうか…?

皆さんの意見を聞かせて下さい。よろしくお願いします。

ネットで一番納得された回答

下記に当たりリンクが、一つあります。

結果を知る>>

結果を知る>>

結果を知る>>

結果を知る>>

結果を知る>>
posted by べーそ at 22:16| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。